加齢理論

加齢理論

加齢を説明する仮説は、300以上あるといわれています。

それらのうち、
1.カロリーリストリクション仮説
2.酸化ストレス仮説
が、応用可能な理論として重視されています。

カロリーリストリクション仮説

1935年に、マウスの摂取カロリーを70%くらいに減らすと寿命が延びると報告された。1
1993年に、線虫のインスリン受容体を作る遺伝子が変異すると、寿命が延びることが分かった。2
2000年に、マウスや酵母菌のSir2蛋白がカロリー制限によって、活性化し寿命を延ばすことが分かった。3
1992年・1999年に、ヒトでも2年間カロリー制限した生活をしたところ身体的変化はマウスと類似することが報告された。4,5
2004年に、ヒトでカロリー制限を実践している者を調べると、メタボ関連の指標が著しく改善されていることが分かった。6


カロリーリストリクションと寿命の画像 左図はカロリー制限と寿命の関連を、マウスで実験した結果です。
カロリー制限するほど、長寿であることが分かります。

「腹八部目に、病なし」

酸化ストレス仮説

1956年に、酸化ストレスが加齢を促進するという仮説が提唱された。8
1998年に、線虫のミトコンドリア酸化ストレスが亢進すると短命になると報告された。9
2005年に、マウスの解毒酵素カタラーゼを過剰発現させると寿命を延びることが分かった。10


酸素消費量と寿命の画像 左図は酸素消費量と寿命の関連図です。
酸素消費量が少ないほど、長寿であることが分かります。
ヒトが、はるかに長寿なのは、体外から抗酸化物質を取り入れているためだと考えられています。

「運動も、やりすぎはダメ」

カロリーリストリクション仮説と酸化ストレス仮説

両理論は互いに関連性があります。
カロリー制限により、好気性生物の代謝活性速度を落とすことや、たんぱく質の糖化を抑制することが、酸化ストレスを抑制すると考えられています。11

そのほかの加齢仮説

●ホルモン減少説・・・ホルモン補充が必ずしも抗加齢に働かないとされています。一時もてはやされた成長ホルモン注射、DHEAなどにもやや否定的な論文が出てきています。12
●テロメア短縮説・・・テロメア長は加齢を説明する一つの因子といった様子。13

アンチエイジングを実践するには?

最新の抗酸化情報について..

カロリーリストリクションの最前線をご紹介します。

参考文献
  1. McCay C. M., Crowell M. F., Maynard L. A. The effect of retarded growth upon the length of life span and upon the ultimate body size. J. Nutr. 10, 63-79(1935)
  2. Kenyon C, Chang J, Gensch E, Rudner A, Tabtiang R. A C. elegans mutant that lives twice as long as wild type. Nature. 366, 461-464(1993)
  3. Shin-ichiro Imai, Christopher M. Armstrong, Matt Kaeberlein & Leonard Guarente. Transcriptional silencing and longevity protein Sir2 is an NAD-dependent histone deacetylase. Nature 403, 795-800 (2000)
  4. Walford RL, Harris SB, Gunion MW The calorically restricted low-fat nutrient-dense diet in Biosphere 2 significantly lowers blood glucose, total leukocyte count, cholesterol, and blood pressure in humans Proc Natl Acad Sci US 89, 11533-11537(1992)
  5. Walford RL, Mock D, MacCallum T, Laseter JL. Physiologic changes in humans subjected to severe, selective calorie restriction for two years in biosphere 2: health, aging, and toxicological perspectives. Toxicol Sci. 52(2 Suppl), 61-65(1999)
  6. Fontana L, Meyer TE, Klein S, Holloszy JO. Long-term calorie restriction is highly effective in reducing the risk for atherosclerosis in humans. Proc Natl Acad Sci U S A. 101, 6659-63(2004)
  7. Weindruch R, Walford RL, Fligiel S, Guthrie D. The retardation of aging in mice by dietary restriction: longevity, cancer, immunity and lifetime energy intake. Journal of Nutrition, 116, 641-654(1986)
  8. Denham Harman. Aging: A Theory Based on Free Radical and Radiation Chemistry. J. Gerontol. 11, 298-300 (1956)
  9. Ishii N, Fujii M, Hartman PS, Tsuda M, Yasuda K, Senoo-Matsuda N, Yanase S, Ayusawa D, Suzuki K. A mutation in succinate dehydrogenase cytochrome b causes oxidative stress and ageing in nematodes. Nature 394, 694-7(1998)
  10. Samuel E. Schriner, Nancy J. Linford,George M. Martin, Piper Treuting, Charles E. Ogburn, Mary Emond, Pinar E. Coskun, Warren Ladiges, Norman Wolf, Holly Van Remmen, Douglas C. Wallace, Peter S. Rabinovitch Extension of Murine Life Span by Overexpression of Catalase Targeted to Mitochondria. Science 24,1909-1911(2005)
  11. 大澤俊彦 フリーラジカルとアンチエイジング 日本抗加齢医学界雑誌 1,169-180(2005)
  12. Michael S. Bonkowski, Richard W. Pamenter, Juliana S. Rocha, Michal M. Masternak, Jacob A. Panici and Andrzej Bartke. Long-Lived Growth Hormone Receptor Knockout Mice Show a Delay in Age-Related Changes of Body Composition and Bone Characteristics The Journals of Gerontology Series A: Biological Sciences and Medical Sciences 61:562-567 (2006)
  13. 坪田一男 『抗加齢眼科学22』 文光堂(2008)
  14. 井出利憲 『老化研究がわかる』 羊土社(2002)